集客狙いでの看板設置について

町中の至るところに看板はあります。店の前や道路付近、ビルに付いているのもあります。メインストリートや目立つところに自分のお店があるのであれば必要ありませんが、全てのお店が目立つところにあるとは限らないのでこういった自店はここにある、というのを示していく必要があります。設置するにあたり、やはりお店のイメージを大切にして設置していただきたいです。所見のお店はそういった物からどのようなお店かを推測して入店します。ただ情報を乗せたり店名を乗せるだけでなく、どういう雰囲気のお店なのかというイメージもお店選びには大事になってきますので。また、最近では道路の近くにも良く看板を見かけます。道路の看板では正直見るのは一瞬だけなので、大きい文字で簡潔な物が好まれます。何のお店なのか、ここからどのようにして行けばいいのかを簡潔に記してくれているととても分かりやすく良いでしょう。

看板を発注するうえで押さえておきたいポイント

集客における看板の役割は大変大きいです。中身は言うに及ばず、どこにどんなサイズで設置するかでもその効果は異なってくるので細かい配慮が必要です。しかしやはり最も重要な点はいかにコンテンツが見ている人の心に響くかという点です。内容がストレートに見ている人の心を揺さぶり、次の行動につながっていけばそれだけで看板を出した意味はあります。中身は単にいつ、何時から、どの場所でイベントが催されるという情報だけでなく、そのイベントがどれぐらい面白くて、参加したらどれくらい参加者を興奮させるイベントかを、中にすでに盛り込んでおかねばなりません。その出来具合が巧拙を決めるといっても過言ではないです。ですから看板政策に当たっては、誰にそれを描いてもらうか、その場合どれぐらいの費用を掛けるか、費用対効果を十分関係者で吟味したうえで注文を発注する必要があります。

素敵な看板はお客様を呼ぶ

看板は、そのお店を象徴するものであると常々感じています。センスあふれる素敵な看板は、お客様の潜在意識を刺激して「そこに行ってみたいな」と思わせることでしょう。デザインはお店のコンセプトをしっかりと伝え、納得のいくデザインにしてもらうとよいですね。車で通りすがった時でも、インパクトを感じさせるような斬新さが欲しいです。宣伝効果をつかんだなら、早いうちに店だけでなくいろいろな場所に設置することも考えて下さい。多少経費はかかりますが、宣伝に対する投資はきっと無駄にはならないと信じています。そして、デザインを絞る時、なぜそのお店を始めたのか、動機を新たに打ち出すとようでしょう。志は大切ですね。そして看板負けしないようなお店を継続させて、さらなる展開を図るための邁進を続けて行って下さい。常連さんを絶やさないためにも。