街で見かける看板とは

お散歩をしていても車を運転していても街中で見かける看板。車を運転していると、特に交差点でよく目に止まります。そして不思議な事にお散歩をしているだけの目立たない場所にある小さな看板が以外に目立っている場合もあります。何気ない小さなものがとても自己主張していて印象に残ってしまったと言う方も多いことでしょう。人々の印象に残るものとは、その人が要望・希望している物と合致した時に印象深く残るのではないでしょうか。なので大きなものでも小さなものでも印象に残る時は残ります。そして様々なデザインを見ているだけでも楽しいですよね。改めて見てみると作成した方の気持ちが伝わってくる感じもします。この街のお店の名前や、町内の地図を書いた物、飛び出し注意と書いたもの。街の看板はその街自体を親しみ込めて教えてくれているのだと感じます。

看板は黄色いものが目立つ

デザイン制や、上品さを問わなければ、看板の色は黄色にした方が、遠くからでも目を引くし、印象に残る物が多い気がします。ラーメン屋さんなどの看板はたいがい黄色だった気もしますし、自動車を運転しているドライバーの目にはやはり目に留まりやすい色なので、運転の途中に腹ごしらえにと、そこに立ち寄る率も高くなるのではないでしょうか。反対に、目立つけれど目に優しい色はグリーンなどではないでしょうか。某コーヒーチェーン店などのブランドロゴは緑ですが、印象に残るけど、くどさがなく、スッキリとスタイリッシュな印象を与えます。街中などの路面店の店看板などは、木々の色やビルの外壁の色などとしっくりなじんで、落ち着いた雰囲気も醸し出されてこういったグリーンもシックで良い気がします。用途に合わせて色使いも大事ですが、見る人に宣伝をすると言った効果がなされている事が一番重要ですね。

看板を設置するための条件

看板は宣伝効果を生み出すものだからこそ、設置をする場所は慎重に選ぶ必要があります。どういうところがいいのか、ということもしっかりと検討しなければいけません。またコストについてもどれくらいになっているのか、ということをチェックしておくことが必要です。複数の業者煮見積もり依頼を出した上でどこにするのが最もよいのか、ということを考えておくとよいでしょう。カラフルになるとコストがかかってしまったり、設置をする場所や大きさによってもコストに違いが出てくることがあるので、業者と相談をしながら決めていくことが大事です。出来るだけ多くの人が通行をする場所を選択するなど、設置をする場所によって宣伝効果も大きく異なってくることがあるので、どこがベストなのかということも色々な視点から考えて決めたほうがよいでしょう。